ドレスを素敵にヘビーローテーション

お手持ちのドレスをアレンジするコツをご紹介します

あなたに合ったドレスをチョイス

結婚式に参列するときや、パーティーなどに呼ばれた時には、ドレスを着ていくということもあるでしょう。着るだけで華やかな雰囲気が出るだけでなく、その場の雰囲気に合わせたコーディネートが必要となるので、いつもの服装とは少し違った工夫が必要です。また、洋服とは似合うカラーやデザインも異なります。いくつかのポイントをチェックして、自分に合ったものを選ぶことが大切です。特にロング丈とショート丈という、着丈の長さはとても大切です。また、カラーだけでなく、柄物と無地でも雰囲気は大きく異なります。柄物の場合には、柄の大きさや、柄の量なども、似合う人が異なるので、好みのデザインだけでなく、自分に合った雰囲気のものを選びましょう。ヒールなどの小物にも注意が必要です。

小柄な人にはショート丈がおすすめ

着丈が短いショート丈のドレスは、身長が低めの人におすすめです。小柄な人は、全体をコンパクトにまとめることで、とても可愛らしい雰囲気にすることが出来ます。さらに細身の人であれば、スカートにボリュームのあるデザインを選んでも良いでしょう。カラーはピンクなど明るいカラーを選ぶと華やかで可愛らしい雰囲気にすることが出来ます。柄物を選ぶときには、小さな柄を選ぶと、全体的な雰囲気がまとまりやすいでしょう。足元は、少し高めのヒールを合わせると、足長効果だけでなく、姿勢が良くなりスタイルが良く見えるでしょう。柄物を選んだ場合には、柄に使用されているカラーのヒールなどを選ぶと、おしゃれ感がアップしたコーディネートになります。ヘアにも高さを出して、縦に長く見えるようなコーディネートも良いでしょう。

高身長の人にはロング丈がおすすめ

身長が高い人には、ロング丈のドレスがおすすめです。ロング丈は、小柄な人が着ると、裾を引きずってしまいだらしなく見えてしまったり、全体的な印象が本人よりも服装に向いてしまい、服に負けてしまいがちです。高身長の人であれば、ロング丈のものであってもきれいに着こなすことが出来るので、おすすめです。ロングの場合にはダークカラーをメインに選択すると、大人っぽく落ち着いた雰囲気になるでしょう。また大柄のものも、ロング丈だからこそ選べる柄でもあります。裾元を中心に大きな花が描かれているものなどは、絵画のような美しさがあります。足元は見えにくいものですが、シンプルなヒールを合わせておくと、歩いたときなどに裾から見えるヒールがおしゃれです。大ぶりなアクセサリーで合わせても素敵です。