ドレスを素敵にヘビーローテーション

お手持ちのドレスをアレンジするコツをご紹介します

長身を生かしたドレスの着こなし

ドレス選びでは、自分の体型をカバーできるものを選ぶということが重要です。長身の人になれば、背が高いという縦長のシルエットを生かすことができるので、背が低い人に比べてみれば衣装選びでも選択肢の巾が広がることになるのですが、長身であることにプラスして自分の体型に欠点があればそれも考量して選ばなければなりません。せっかくの長身であっても、ふくよかな体型であれば衣装のデザインによってはただ大きく見えてしまうことになります。また、二の腕などの気になる部分があるという人であれば、それをカバーしなければ体の欠点ばかりが目立ってせっかくの長身をいかすことができません。体型のカバーをしつつも、背が高いことをいかした縦長のシルエットにまとめてみる必要があります。

縦長のシルエットにまとめてみよう

長身であるということは、縦長のシルエットにまとめることによってスタイル良く見せることができるというメリットがあります。ふんわりとしたスカート部分は、かわいらしさを出すこともできるのですが、せっかくの縦長のシルエットがぼやけてしまうことにもなります。長身をよりいかしたいという場合には、タイトなシルエットでまとめることも効果的です。しかし、ウエストやヒップがふくよかであるという場合には、タイトなシルエットは強調してしまうことにもなります。マーメイドラインは、長身の人だからこそ似あうデザインではありますが、ヒップラインまでタイトなシルエットになるので、足だけが太いという人であればうまくカバーをすることができます。自分の体型を考えながら、選んでみるといいでしょう。

アクセサリーや小物類でも効果を得ることができる

長身を生かしたドレスの着こなしは、どの衣装にするかという点だけで選ぶものではありません。それに合わせるアクセサリーや小物類でも印象を大きく変えることができるものであり、小物選びにも力を抜くことができません。二の腕が太いという人になれば、二の腕を出さない袖のあるデザインの衣装を選ぶというのも一つの方法です。しかし、スタイルのアクセントともなるネックレスや胸元のリボンなどがあれば、人の視線はそこに注がれることになるので二の腕の太さが目立つことがありません。前からだけでなく後ろからも他の人に見られることになるので、バックスタイルにも大きなデザインポイントがあれば役立ちます。ウェディングドレスであれば、長いトレーンがついたものになれば、長身を生かせるとともに視線がトレーンに注がれるので、体型カバーをすることにも役立ちます。