ドレスを素敵にヘビーローテーション

お手持ちのドレスをアレンジするコツをご紹介します

10歳若く見えるドレスの着こなし

パーティーに参加する時には、みんなと差をつけておしゃれなスタイルをしていきたいと女性なら誰でも思ってしまうものであり、10歳若く見せることができればと欲張ってしまいがちです。しかし、自分の年齢をわきまえたうえで無理のないスタイルにすることが重要です。それにプラスして、デザインポイントや色味などにも注意して若々しく見せる必要があります。10歳若く見せるためのパーティースタイルは、ドレスの選択も非常に重要なのですが、それに合わせるバッグや靴、アクセサリーなどの小物類であったり、衣装を引き立てることができる透明感のある美しい肌に仕上げておくことも重要なことです。さらに、体型補正ができる下に着用するインナーにも着目して選んでみるといいでしょう。

無理なくかわいらしいデザインを取り入れる

いかにも若い人向きのデザインを着るというのは大人の女性には合わないものですが、部分的なデザインであればそれが10歳若く見せることができるポイントにつながることもあります。フリルやギャザーが入ったものやふんわりとしたデザインは若い人向けになりますが、これがトップスやボトムスの一部分に入っていれば効果的です。また、デコルテラインは年齢を感じさせてしまうものであり、デコルテラインにハリがなければ老けて見えることになります。自信がないのであればデコルテラインを隠してしまうのが効果的ですが、バストがふくよかであってもバストの肉がはみ出してしまうようなデザインであったり、バストが垂れて見えてしまうようなバストトップの位置が合っていないドレスなど、自分の体型に似合わないものも避けるようにします。

ドレスを引き立てる肌の手入れや小物選び

いくらいい衣装であっても、パーティースタイルは衣装だけではなくトータルコーディネートで考える必要があります。バッグや靴、アクセサリー類がチープであれば、せっかくの衣装も台無しになってしまいます。若い人であればチープなものでもかわいらしさにすることもできますが、年齢とともに安っぽさは不自然に思われてしまうものです。若々しく見せたくても、小物類には手を抜かないことも重要です。また、肌の状態によっても年齢を感じさせてしまうものです。肌のお手入れは衣装を引き立てるためには欠かせないものであり、色黒な肌をしている人であっても肌のお手入れ次第では透明感を与えることができます。他にも、年齢とともにバストラインが下がってしまいがちな大人の体型をより若々しく見せるために、インナー選びにも着目してみる必要があります。